ウィジードッグクラブ

健康な体を作る運動

line

膝蓋骨脱臼

「膝蓋骨脱臼(パテラ)」というヒザの不具合を抱えた犬たちがたくさんいます。厳密には「膝蓋骨(ヒザのお皿)」のことを「パテラ(Patella)」と言うのですが、「ウチの子はパテラなの〜」といった感じで、この脱臼症状そのものを「パテラ」と呼ぶことが多いようです。
「膝蓋骨脱臼(パテラ)」は、膝蓋骨が脱臼してしまう、どちらかというと小型犬に多いもので、先天的に骨が変形しているなど、もともと脱臼しやすい状態で生まれてくることが原因となっている場合もありますが、生活環境などを原因として後天的に起こるケースも多いと考えられています。

ヒザにできる「溝」

犬の膝関節は、下の図のように、大腿骨(太ももの大きな骨)の上にお皿のような骨=膝蓋骨(patella)が乗っかった構造になっています。膝蓋骨は動く骨(種子骨)で、ただ乗っているだけでは安定しないので、大腿骨にできた「滑車溝」という溝の上を動くようになっています。大腿骨を覆う筋肉と大腿骨の間をその筋肉の動きに従って、ヒザを伸ばした時には上方向(腰に近い方)に、曲げた時には下方向(趾先に近い方)に動きます。
パピー期はまだカラダが未成熟で、骨も柔らかく、滑車溝もほとんど作られていません。歩いたり走ったり座ったりして、膝蓋骨が何度も何度も大腿骨の上で滑り動いた結果、滑車溝が形成されていくことになるのです。

画像

内方脱臼と外方脱臼

膝蓋骨がこの溝を乗り越えて外れてしまった状態が「膝蓋骨脱臼」で、外れる方向によってカラダの内側に外れる「内方脱臼」と、外側への「外方脱臼」とに区別されます。多くの場合は内側に外れる内方脱臼で、そのケースでは、頻繁に脱臼を繰り返したり、脱臼したまま元に戻らなかったりする状態が続くと、矢印のように大腿骨は外側に脛骨は内側にねじれてしまうことになります。その結果、骨が変形したり、関節の中の靭帯が切れやすくなったりしてしまうのです。

画像

後天的要因

後天性脱臼の場合、原因は大きく分けて2つあります。
@外部からの強い衝撃があった場合(高い場所から落下して足をねじった、など)
Aヒザに負担のかかる運動を積み重ねた場合
@のような事故は飼い主が十分に気を付けて防ぎたいですよね。Aは如何せんともしがたいような気もしますが、実はパピー期の運動のさせ方で、脱臼のリスクを下げることもできるんです。

ヒザのゆがみを防止する

この膝蓋骨の動き方が、本来関節が曲がるべき正しい方向での動きであれば、正しい滑車溝が形成されるのですが、パピー期に膝関節をひねるような動きを多くさせていると、滑車溝が浅く形成される、あるいは正しくない場所に形成されてしまうリスクが高くなるんです。例えば、狭い場所を急激に方向転換しながら走ったり、フローリングなどの滑りやすい床で横滑りしながら走ったり、足元が悪い場所で跳ねたりした場合などです。溝が浅かったり、歪んでいたりすると、脱臼しやすくなるのはイメージできますよね。

もちろん、遺伝的な原因で脱臼が進むこともありますので、運動だけで予防できるものではないでしょう。でも、飼い主が運動のさせ方に注意することで、パテラを防げるかもしれないのです。

カラダが作られる大事な成長期、運動のさせ方には十分注意して、丈夫な膝関節が作られるようにしてあげましょう。

プロフ

健康な体を作る運動

ウィジードッグクラブ