ウィジードッグクラブ

犬のしつけと訓練

line

ご褒美って何?

「ご褒美」の意味を検索してみると「褒めて与える金品。褒めること」とあります。当然のことながら、「ご褒美」は与えられる者にとって嬉しいものでなければいけません。では、皆さんは愛犬にどんな「ご褒美」を与えていますか。

いろいろなご褒美があると思いますが、多くの場合「オヤツ」を使うことが多いのではないでしょうか。私も自分の犬やしつけ教室に来る犬たちにはオヤツを使っています。

おやつがあれば大丈夫?

しつけ教室で、「オヤツが無いと言うことを聞かない」「オヤツがあればできる」という飼い主の話をよく聞きます。確かにオヤツのありやなしやで犬の反応は変わります。さらにもう一つ、「うちの子、トレーナーさんの言うことは聞くのに、私の言うことはきかないんです」。確かにトレーナーは犬の扱いに慣れていますので、犬の反応がよくなることはあります。しかし、基本的に犬たちは一緒に暮らす飼い主の方が好きなはずです。

ではなぜ飼い主への反応とトレーナーへの反応が異なるのでしょうか?

ご褒美を与える意味

飼い主と犬は一緒に暮らしています。その中で、犬をつい叱ってしまったり、無意識の内に犬が嫌がることをしてしまう、そんなこともあると思います。私たち人間もおつき合いが長くなればその人の「悪いところ=マイナス面」も見えてきますよね。犬との関係でも同じです。そういった飼い主の「マイナス面」とご褒美を与えてくれる「良いところ=プラス面」の割合の問題なのではないでしょうか。 つまり、トレーナーは限られた短い時間でご褒美を与えることが多く、犬にとっての「プラス面」が優勢となり、その一方、飼い主は日常の関わりの中で、ややもすると「マイナス面」が優勢になってしまう、その積み重ねが「飼い主のいうことは聞かず、トレーナーには従順」という事態に繋がっている可能性が高いのではないかと思うのです。

では「プラス面」が優勢になるとなぜ犬の反応が良くなるか、というと、犬の「期待感(=褒めてもらえるかもしれない)」が増えるからなのだとみています。ご褒美についても、大切なのはオヤツのありやなしやではなく、「期待感」のありやなしやではないかと思うのです。オヤツを持っていなくても、「期待感」が下がらなければ犬の関心は失われない、つまり、あくまで「ご褒美(オヤツ)」を与えるのは、それ自体が目的ではなく、犬の期待値を上げる事(もしくは期待値のキープ)が目的でないと意味がない、と思うのです。

犬とは褒めて関わる

トレーナーが犬の名前を呼ぶ時は、多くの場合、褒める時です。しかし、普段犬の名前を呼ぶとき、褒める時もあれば叱る時もある。いや、むしろ叱る時に名前を呼ぶことが多い……なんて事はありませんか? 私も幼い頃は、愛犬を褒めるよりも叱ることの方が多かった記憶があります。叱る時つい犬の名前を口にしてしまっていました。幼かったとは言え、ひどい子どもだったんでしょうね。でも、愛犬はそれを許してくれてたような気もします。犬たちはいつでも優しいんです。

極端な言い方になりますが、「犬と関わる時は常に褒めるようにする!」とすれば、犬は飼い主と関わる時にいつも最大の期待を向けてくれるはずです。もちろん常にそれを実行するのは難しいかもしれませんが、犬の期待感を下げてしまう(かもしれない)対応をする時には別途定めた特別な言葉だけを使うようにしてあげると良いと思います。その代わり、それ以外のときはその言葉は使わず、犬の期待感を下げないようにしておく事が大切だと思うのです。

犬によっても受け取り方はさまざまです。同じオヤツでも期待感の上がり方は異なりますし、例えば、なでることひとつとっても、それが好きな子もいれば、あまり好きではない子もいます。言葉が話せない犬との会話だからこそ、私たちはよく犬を観察して犬がどんな気持ちなのか。それを考えながらご褒美を使う事が大切なことなのだと思います。

プロフ

犬のしつけと訓練

ウィジードッグクラブ