ウィジードッグクラブ

変性性脊髄症

line

フリーラジカル&活性酸素

「スーパーオキシド」という活性酸素はフリーラジカルのひとつでもあり、強い酸化能を持っている体内の物質です。体内で作られる「スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)」という酵素はこのスーパーオキシドを分解してくれる、つまりカラダの酸化を抑えてくれるタンパク質なのですが、このSODが正常に作られないことがDM(変性性脊髄症)の原因となっていることが明らかになっています。
この活性酸素「スーパーオキシド」は電気的に不安定な体内分子なのですが、殺菌したり腫瘍の発生を抑えたりするなどの健康にとってプラスの面と細胞を傷つけてしまうマイナスの面を持ち合わせています。それらは、カラダの中で常に生成と消滅を繰り返していて、そのバランスが崩れて増えすぎてしまった時、悪さを始めてしまうことになります。カラダ中の細胞という細胞は細胞膜という脂質とタンパク質でできた膜でおおわれているのですが、その細胞膜の脂質成分がスーパーオキシドなどの活性酸素で過度に酸化されて「過酸化脂質」になると、細胞そのものがやられてしまうことになるわけです。

活性酸素を除去できない?

DMの原因のひとつに、酸化ストレスが挙げられています。活性酸素を除去するSODの変異がDMの発症原因とされていますので、SODが抗酸化作用を失い、細胞がやられてDMを発症、当然ながら、神経細胞やグリア細胞など神経を構成する細胞も同じ細胞ですので、酸化ストレスにより神経機能が失われていく……この機序は十分に推測できますよね。となると、抗酸化サプリメントは効果があるような気もするんです。
ただ、残念ながら、DMの原因となる変異型SODも抗酸化作用は持っているようですので、そういったサプリメントにどれほどの効果があるのか、そもそも効果があるのかどうかも、まったくわかりません。

ワラをもつかむ思い

DMはいまだわからないわからないづくしの治療法の確立されていない難病です。でも、わからないからあきらめるのではなく、できる範囲で、いろいろな可能性に賭けてみたいというのが飼い主の正直な気持ちです。もっとも、前述の通り、カラダの酸化作用にはプラスの面もあります。抗酸化サプリメントを利用する際は、適量を守り、運動や休息、栄養など他の対策を併せ講じながら、その効果に期待するのがベストなのだろうと思います。

プロフ

変性性脊髄症

ウィジードッグクラブ